薄毛の原因を排除するAGA治療薬フィンペシア

フィンペシアは発毛薬で知られるプロペシアと同じフィナルテリドを主成分として脱毛を促進する悪玉男性ホルモンを抑制する効果を持つお薬です。

フィンペシアにはプロペシアと同じ量のフィナステリドが配合されているため、発毛効果も同じくらいあると言うことができます。

抜け毛はテストステロンと言う男性ホルモンが過剰に分泌されることによって引き起こされます。

過剰に分泌されたテストステロンは酵素によって悪玉男性ホルモンに変換され、、頭髪の育成をする毛乳頭細胞の中に侵入して発毛の邪魔をします。

そのため髪の毛が細くなってヘアサイクルが短くなり薄毛の原因となってしまうのです。

フィンペシアはテストステロンがこの悪玉男性ホルモンに変換するために必要となる酵素の働きを邪魔して、悪玉男性ホルモンを抑制することで薄毛になってしまう原因を排除します。

フィンペシアは1日1錠を服用するものですが、服用してすぐに効果があるものではありません。

服用して体内の毛細血管を通じて毛母細胞に到達して効果を発揮し始めます。

効果の出方には個人差がありますが最低でも半年間ほどは長期的に根気よく続けることで、その効果を実感できるようになるとされています。