薄毛に悩む男性がAGA治療に使用しているフィンペシア

フィンペシアはフィナステリドを有効成分とした、前立腺肥大症とAGAの治療薬です。

飲む育毛剤と呼ばれるプロペシアのジェネリック医薬品と言われ、インドの製薬会社が製造および販売している飲み薬です。

フィナステリドは男性ホルモンのDHTが生成される原因となる5α還元酵素を阻害する効果があり、DHTが生成されないことで頭髪の脱毛や前立腺肥大症のリスクを軽減することができます。

基本的にプロペシアと同じもので、前立腺肥大症の治療に使われることはほとんどなく、多くは薄毛に悩む男性がAGA治療のために使用しています。

インドが製造するコピー品であるため価格が大きく抑えられ、非常に安価で購入できることから継続して服用することになるAGA治療では、費用を抑えられることから人気があります。

欠点として副作用の問題があり、乳房肥大症が非常に多く報告されていて、女性のような乳房ができる可能性があります。

フィナステリドでは添付文書に書かれていますが、プロペシア自体にはあまり報告がないのに対し、フィンペシアでは良く報告されているのが大きな違いとなっています。

有効成分は変わらないので、効果に大きな違いはありませんが、副作用の点も含めて購入には慎重な決断が必要となります。