プロペシアのジェネリック版治療薬フィンペシア

フィンペシアはインドの製薬会社が製造しているAGA治療薬で、主成分はフィナステリドとなります。

AGA治療薬としては世界的に有名なものとしてプロペシアがあり、フィンペシアはプロペシアのジェネリックとして製造されています。

フィナステリドにはAGAの症状を発生させる原因であるDHTの働きを阻害できるために、薄毛の緩和や進行を食い止める効果があります。

ジェネリック医薬品ということで、先発医薬品のプロペシアと比較したときには、2分の1から3分の1ほどの値段で購入できます。

フィンペシアを服用することで、AGA治療を行うときには最低でも6か月以上は継続的に服用しなければ効果を得ることはできないと言われています。

継続的な治療を行う上で費用を節約したいと考えている人であれば、安価に入手できるフィンペシアの使用がおすすめとなります。

フィンペシアは1日に1錠を、水またはぬるま湯と一緒に服用します。

摂取量を増やしたとしても、それだけ高い効果が得られるというわけではなく、1日の上限は1mgまでとなります。

服用することを忘れてしまったときがあったとしても、2錠以上を服用することは禁止されています。

フィンペシアは男性ホルモンが関係しているAGAにのみ効果がある医薬品で、女性は服用しても効果を得ることはできません。