男性ホルモンを抑制してくれるフィンペシア

プロペシアを服用しているけど高くて続けにくい、クリニックに薬をもらいに行くのが面倒、といった方はジェネリックのフィンペシアを検討しましょう。

フィンペシアの優れたところは非常に価格が安く、それでいてプロペシアと同様の効果を得られることです。

飲む発毛剤と言われており、その効果は市販の育毛剤をはるかに凌ぎます。

育毛剤と呼ばれるものは医薬部外品であり、医薬品の発毛剤と比べて効果が弱いのです。

プロペシアは医薬品よりさらに上位に位置する医師の処方薬であり、フィンペシアはそのジェネリックとなります。

内容成分に変わりはなく、ほぼ同様の効果を期待できるでしょう。

薄毛対策で大切なのは抜け毛を1日50本程度まで減らすことです。

抜け毛の本数を自分で数えるのは難しいでしょうが、感覚的に多いと感じるようになったら注意しましょう。

抜け毛が増えてしまう理由が必ずあるので、そこを改善していかないと治りません。

AGAの場合は男性ホルモンの過剰分泌が原因なので、男性ホルモンを抑制してくれるフィンペシアは最適です。

その上で洗髪をしっかりと行って抜け毛を減らしていきましょう。

食生活では髪の原料となるタンパク質、そして細胞分裂を促進してくれる亜鉛を意識的に摂ってください。