フィンペシアは、抜け毛を抑えて発毛を促進する経口薬

フィンペシアはプロペシアのジェネリックで、AGAの治療薬として有名です。

インドのCipla社が製造しており、個人輸入を通じて入手することができます。

男性ホルモンの作用を抑制することで抜け毛を抑え、発毛を促進する経口薬です。

薄毛予防によいサプリには亜鉛やノコギリヤシなどもありますが、これらは健康食品であり薬ではありません。

確かな効果を実感したい方は有効成分フィナステリドを含有するフィンペシアが最適です。

現在、医療機関でプロペシアの処方を受けている方なら何の問題もなく服用できます。

AGAが他の脱毛症と比べて厄介なのは、生活改善だけでは毛量を元に戻せないことです。

過剰な男性ホルモンが原因なので、ホルモンバランスを整えて5αリダクターゼの作用を抑制していく必要があります。

価格が安くて効きやすいのが特徴であり、本格的に薄毛が気になり始めた方におすすめです。

薄毛対策において大切なのは、今以上に薄くさせないことにあります。

そのためには抜け毛を減少させて、毛量を現状維持させつつ発毛を促進することです。

抜け毛が多い状態では、どんな発毛ケアも効果を発揮できないので、まずは抜け毛を抑えて毛髪サイクルを正常にしていきましょう。