フィンペシアは男性型脱毛症の治療薬

フィンペシアは、インド製のジェネリック医薬品で、男性型脱毛症に効果のある薬です。

男性型脱毛症は、ストレスや生活習慣、遺伝などが関係しているのですが、男性ホルモンの働きによって原因物質が活発になるので、抜け毛の原因になります。

この原因物質の働きを抑制するのがフィンペシアなので、薄毛の根本治療ができる薬として、世界中の多くの男性型脱毛症の患者が服用しています。

女性に対しては、処方されることがあまりありませんが、妊娠や生理などの状況によっては処方されることがあります。

この薬は半年以上服用しないと効果を実感できないとされていますが、服用をはじめて2ヶ月程度で太い毛が生え始めるので、薄毛の改善を実感することができます。

薄毛の根本治療に用いられる薬は血流を良くするものと、原因物質の働きを抑制するもので、同時に服用することで薄毛を効果的に改善することができます。

フィンペシアはジェネリック医薬品ですが、基本的には先発品と成分が同じなので効き目が期待できますが、血中濃度の変化に違いがある場合があるので、先発品から変更した時に副作用が出たり、効き目が弱まることもあります。

インドのジェネリック医薬品は、偽物も多いのですが、品質が高いものが多く、世界的なシェアも高まっています。