フィンペシアはジェネリックのAGA治療薬

薄毛の原因として代表的なものに、男性ホルモンが関与して発症するAGAがあります。

AGAに効果がある医薬品は世界的に開発されており、フィンペシアは先発医薬品のプロペシアのジェネリックに該当します。

使用されている成分や内容量についてはプロペシアと同様のものとなっており、ジェネリックであるために価格が安い点が特徴です。

プロペシアによるAGA治療は保険が適用されないために、1か月あたりにつき1万円ほどの費用が必要になりますが、フィンペシアであれば半額程度の費用で済みます。

AGA治療薬を服用する方法は、最低でも半年ほどの期間継続的に治療薬を飲まなければ効果を得ることができないために、全体として考えると高額な費用がかかってしまいます。

フィンペシアであれば安価な価格で治療ができますので、費用を抑えながら継続的な治療が可能となります。

フィンペシアに使用されているフィナステリドには、AGAの症状の進行を止めるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあります。

フィンペシアは1日あたり1錠を服用するもので、上限は1mgまでと定められています。

飲むタイミングは決められていませんので、好きなタイミングで服用することが可能で、食事による影響を受けることもありません。