薄毛の症状を治療するAGA治療薬フィンペシア

フィンペシアは、インド製のAGA治療薬のことを意味します。

プロペシアのジェネリックという解釈がされることがありますが基本的にはインドのプロペシアの特許はまだ切れていませんので後発医薬品として解釈することは正式には出来ません。

あくまでもインドの会社が開発したプロペシアのコピー品という位置づけという立ち位置で覚えておく必要があります。

フィンペシアは、多くの薄毛患者を苦しめているAGAという薄毛の症状を治療するための薬のことを言います。

日本国内のプロペシアと比較しても非常に安い傾向がありますので、国内で入手するよりも安いインドのこの薬を購入するひとが多いのです。

従来までは、日本国内で入手できるプロペシアのだいたい10分の1程度の価格で入手することが出来たのですが、日本が正式にプロペシアを認めてからは5分の1程度の価格になりました。

それでも買いやすいことに変わりはないので購入する価値はあります。

プロペシアのコピー品として成り立っているので、含まれている成分もプロペシアとほぼ同じです。

ジェネリックではなくコピー品なので似せた成分を使っているわけではなく同じ成分でAGAの改善を行うことに特徴がある薬なのです。