男性型脱毛症AGA治療薬のフィンペシア

フィンペシアは男性型脱毛症のAGAの症状に対して、高い治療効果を発揮する医薬品です。

AGA治療薬としては厚生労働省の認可を受けているものとして、プロペシアが有名です。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品として、インドの製薬メーカーが開発したものとなります。

そのために主成分としては、プロペシアと同様のフィナステリドが使用されています。

フィナステリドは、AGAの原因とされている男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する効果があります。

テストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合することで、DHTが発生して薄毛の原因となりますが、フィナステリドの効果によって5αリダクターゼの作用を阻害できるために、DHTの生成を減らすことが可能です。

フィンペシアにはフリーのものとキナリンイエロー加工の2種類があり、経口タイプの医薬品ですので、水と一緒に1日につき1錠を服用します。

抜け毛を予防できる効果が実感できるようになるには、継続的に半年以上の期間にわたって服用する必要があります。

他のAGA治療薬を含めて健康保険が適用されないために、薄毛治療を行うには高い費用がかかってしまいます。

フィンペシアはジェネリックですので、先発医薬品よりも安い価格で入手できるために、費用を節約しながら薄毛治療を行うことが可能になります。